ロゴ
HOME>コラム>大工として働く時の求人のチェックポイント【職務内容を確認】

大工として働く時の求人のチェックポイント【職務内容を確認】

大工

大工系求人の探し方

少子高齢化を歩む中で、大工の仕事に限らず人材不足が増えつつあります。 人材を求める会社にとっては、 限られた 資格を持つ人材だけを求人に載せてしまうと、人材が集まらないかもしれません。 そのため、職務内容については、求人内容にあまり載せていない場合もあるのです。 どの様な会社なのか、どの様な仕事なのか自分自身で把握するのもチェックポイントでしょう。大工の言葉は、一言で現されます。ただし、その内容は、 多岐にわたります。塗装や配管、 電気系など様々です。一つの会社が、複数の強みを持ち合わせている場合もあれば、一つを専門に仕事を行っている会社もあります。今後、自分自身の将来を考えた中で、自分には無い技術や知識を身につけたい場合、 学びやすい会社に応募してみるのもお勧めの一つです。その中で働く人々から、直接、教えてもらえるかもしれません。

大工

就労時間や就業規則を要チェック

大きな大工系の会社は、就労時間や就業規則がしっかりと守られてる場合がほとんどです。仕事の依頼も、大きな会社である場合も多く、 しっかりと守らなければ 公に知られた場合、依頼主にも公の中で 損害を与えてしまう可能性も高まってしまうためです。中小の大工系の会社は、 依頼主とすれば他にも同じ様な依頼先がある場合があります。信頼を得るために、しっかりと仕事を行い、納期を守ることを第一優先にされている場合もあるのです。第一優先を達成させるためには、求人を求める会社として、就労時間や就業規則を働く人に伝えたくないのが本音です。ただし、法律によって、採用する際に就労時間や就業規則は伝えなければならないルールになっています。全ての会社が、しっかりと守られている保証はどこにもありません。 しっかりと説明をせず、出来るだけ気がつかない様に、 何かしらの書類と一緒に渡す場合も考えられるでしょう。積極的に、自分自身から情報を求めるのも大切です。会社としては、求める情報に対して、しっかりと説明しなければならない義務があるためです。